1. 未分類
  2. 124 view

モテる男の胸筋下部の作り方

モテる胸筋のポイント

胸筋を鍛えるとき、皆さんはどのような意識で行っているだろう?筋トレ初心者が思い浮かべる胸筋トレーニングはベンチプレスが主流だと思う。しかし解剖学的にみていくと胸筋は3部構成になる。上部、中部、下部の3つだ。

ベンチプレスは胸筋全体を効かせるのに効果的な種目の一つである。ならばベンチプレスだけでカッコいい胸筋が形成されるかと言われればそうではない。3部構成であるから3種目は最低必須である。

上部用のトレーニング、中部用のトレーニング、下部用のトレーニングだ。上部はインクラインベンチプレス、ダンベルプレスだ。中部はベンチプレス、下部はデクラインベンチプレスやディップスなどがある。

カッコいい胸筋のポイントは下部にある。ベンチプレスだけ行っていたのでは胸筋全体の厚みはでるがキレや形は整わない。胸筋下部が発達することで、腹筋との境目がくっきり見えることでより形が美化されるのである。

 

ginekomastiya 300x225 - モテる男の胸筋下部の作り方223x239xmuscle gaining secrets.jpg.pagespeed.ic .6jLFKu4WCn - モテる男の胸筋下部の作り方

この2つの胸筋を比べてみてほしい。左は胸筋は発達してはいるが、形に乏しい。右は胸筋の下部と腹筋の境目に大きな溝がある。この差がモテる胸筋なのである。

この両者は体脂肪率も違うことがわかるが、体脂肪率を落としたところで右の胸筋にはならないであろう。右は腕から胸筋のアンダーラインが鮮明に描かれている。

モテる胸筋下部の作り方

ディップス

dips1 1024x567 300x166 - モテる男の胸筋下部の作り方

ディップスは胸筋下部を鍛える代表格のトレーニングとして上級者にも好まれる種目だ。胸筋下部だけでなく肩、上腕三頭筋鍛えることができ一石二鳥。やり方のポイントとしては平行棒につかまり、膝を曲げ、上体を前傾させて腕を曲げる、伸ばすの繰り返し。この動作が胸筋下部に最大のストレッチと腕を伸ばした時に収縮が入る。基本的には自重で行うものだが、上級者はベルトを巻きプレートを付着させて行う場合もある。

負荷に対して筋肉は慣れていくもの。常に刺激を変えるために重りを増すことの重要性がわかっているからこそのトレーニングである。回数は8回~12回を3セット。もし自重で楽々こなせるようなら動作スピードを変えていくのはどうだろうか。負荷は同じでも動作スピードを変えるだけで筋肉の発達はめまぐるしく変わるであろう。

また1種目目にやるのか2種目目、3種目目に取り入れるかでも筋肉の疲労度は変わる。基本的には弱点だと思うところ、もう少し発達させたいと考えているところは1種目目にもってくるのがいいだろう。なぜなら筋肉が疲れていないため最大限のパワーや重量が扱えることがポイントだ。

モテる男の胸筋はそう簡単には作れないが、ポイントを押さえ、継続すれば問題はない。

 

未分類の最近記事

  1. 上腕二頭筋(力こぶ)を解剖学的に作る

  2. デカイ肩をつくるトレーニングメニュー

  3. モテる男の腹筋の作り方

  4. モテる男の胸筋下部の作り方

  5. モテる男は広背筋で語る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP