1. 未分類
  2. 47 view

モテる背中、上腕二頭筋

カッコいい背中と力こぶを作るための私のトレーニングを紹介しよう。

これまでにも書いていきたがたくましい背中は男を語る。たくましい腕は強さを表す。これらを同時に鍛えてしまう1日はまるで最高の達成感を味わうことができる。

ではここでメニューを紹介しよう。

背中

チンニング4セット、ベントオーバーローイング4セット、ロープーリー4セット、ワンハンドダンベルロウ3セット、ラットプルダウン3セット

上腕二頭筋

EZバーカール4セット、コントラクトケーブルカール4セット、インクラインダンベルカール3セット

 

以上がわたしのメニュである。どうであろう?簡単そうにみえるかみえないかは人それぞれだ。このメニューにもこれまでトレーニングをしてきた時間と思考が色々と入り混じっているのだ。

まず背中で意識をしていること。最初にチンニングを持ってくるのは私の中でこれが強烈に効くからだ。あとになってやろうとすると疲れて回数とフォームが乱れてしまう。だから最初にもってくる。続いてベントオーバーローイング。これは背中の厚さを作るために行う。高重量を扱い8回~10回できる重さで行う。上半身はなるだけ45度をキープしようと心がけるが疲れてくるとあとは気合いで乗り切るしかない。そしてロープーリ―。これは背中の中部を鍛える。背中は上部、中部、下部と分かれているためにそれぞれどこから刺激するかはその時の判断や弱点を洗い出し考え戦略を練る。まるで仕事のようだ。続いてワンハンドダンベルロウ。これはストレッチ種目とコントラクト種目を同時に兼ね備えたもの。骨盤のゆがみや左右の筋肉の硬さの違いで若干均等にできないのが悔しい。これは整骨院でみてもらうしかないな。このワンハンドローはある程度重たい負荷で行う。続いてラットプルダウン。最後にこのラットプルダウンで閉める。もう背中が疲れ切っている最後に追い込みのラットプル。軽い負荷で可動域を最大に生かし背中を追い込む。

 

上腕二頭筋はEZバーカールで長頭を狙う。ここはまだ1種目目なので高負荷でおこなう。2種目目はコントラクト種目。全体を狙うが私の場合二頭筋の筋腹が長いせいか盛り上がりにかけるため、ここで最大限の収縮をさせ日々奮闘中だ。ラストはインクラインダンベルカール。これはストレッチ種目である。負荷は軽めでしっかりとストレッチをかける。

以上がトレーニング内容である。

興味のある人はぜひ参考にしてみてはどうか。39363842 xxl 640x430 300x202 - モテる背中、上腕二頭筋

未分類の最近記事

  1. 上腕二頭筋(力こぶ)を解剖学的に作る

  2. デカイ肩をつくるトレーニングメニュー

  3. モテる男の腹筋の作り方

  4. モテる男の胸筋下部の作り方

  5. モテる男は広背筋で語る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP