1. 未分類
  2. 27 view

カッコいい男のカラダ 足

カッコいい男のカラダ。足に注目してみたいと思う。

足はあまり目につかない部分であるが、足もしっかりトレーニングはしておきたい。足の筋肉はカラダの中でもかなりの面積を占める。つまり面積が大きい部位を鍛える事は基礎代謝が上がることに繋がるのである。基礎代謝が向上するとカラダの中で代謝量が増えることに熱産生や、栄養物質の吸収が促進され、痩せやすいカラダになる。

基本的な基礎代謝量というのは男性で1800kcal。これが普段からトレーニングをする人だと3000kcalになることもある。つまり同じ食べ物を食べても全く平気ということだ。

色々な基礎代謝の上げ方はあるが中でもお尻を鍛えるトレーニングは誰もが取り組むべきことではないだろうか。キュッと引き締まったお尻、足を夏にはさりげなく短パンで決めるなんてのもありだろう。短パンが似合う足になるにはトレーニングが必要不可欠である。

それでは足のトレーニングの紹介だ。まず初心者でも誰でもやるべきことがこれだ。

barbell back squat 0 1024x577 1 300x169 - カッコいい男のカラダ 足

スクワットだ。

スクワットはGYMに行けないなら家でやってもいいだろう。ジムに行くならしっかり重りをかついでやってもいいだろう。やり方は人それぞれの環境で変わる。ただしトレーニングに慣れてきた人なら確実にスクワットの負荷はふやしたほうがいい。何回も言われるがマンネリ化する可能性が高いからだ。マンネリ化することがあると成長は見込めない。

このスクワット。写真の状態は理想的だ。姿勢がぶれず、左右均等にバーベルを持ち、太ももと地面が水平状態になっている。これこそが究極のフォームである。

このフォームになるには何回も自分で調整しないといけないだろう。柔軟性の問題もあれば筋力の問題もある。特に柔軟性が乏しいとお尻が写真のようには下がらない。これは仕方のないことなのであるが、お尻に効かせようとするなら柔軟性も向上させたほうが望ましいのは間違いないことである。

スクワットのメイン筋肉はお尻だ。補助的に前もも、ハムストリングス、ふくらはぎも鍛えられる。足を総動員させた種目といってもいいだろう。トレーニングは上半身ばかりに目がいくが、実際には足をどれだけ鍛えているかによって上半身の影響も変わってくる。上半身を大きくしたいなら下半身もしっかり鍛えてすべての筋出力を上げることが必要なのである。

これは意外かもしれないがバランスを考えても下半身が細く、上半身がゴリゴリでは意味がないであろう。または関節に負担がかかることもあるだろう。この辺をしっかり理解してトレーニングに望もう。

 

未分類の最近記事

  1. 上腕二頭筋(力こぶ)を解剖学的に作る

  2. デカイ肩をつくるトレーニングメニュー

  3. モテる男の腹筋の作り方

  4. モテる男の胸筋下部の作り方

  5. モテる男は広背筋で語る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP