1. 未分類
  2. 124 view

モテる男が飲むプロテイン

かっこいいカラダを作るためには栄養分は必要不可欠である。栄養分ときくと何やら難しい言葉に聞こえるかもしないが実際はそうでもない。特に筋トレをする者にとって必要な栄養分はタンパク質であろう。タンパク質は筋肉を合成する主成分である。他にも体内では合成することができない必須アミノ酸と呼ばれるロイシン、バリン、イソロイシン、フェニルアラニン、メチオニン、ヒスチジン、スレオニンなどもある。

これら日必須アミノ酸を飲むか飲まないかでも大きく差は開くものである。例えばトレーニング中には酸素、二酸化炭素、糖質がふんだんに使われ、体内エネルギーは消費する。その中でサプリメントと呼ばれるアミノ酸やプロテインを摂取するのは効率が良い。

プロテインは1日にどれくらい必要なのか?というとトレーニングを頻繁にやる人は1日に体重かける2~3グラムだ。70キロの体重の人なら140~210グラム。カロリーにして560kcal~840kcalをタンパク質で摂取する計算だ。考えてみてほしい。基礎代謝が1800kcalの成人男性の場合であるならば残りの1000ちょっとは糖質、脂質で補うということだ。割合的にもタンパク質がいかに必要かがわかると思う。このタンパク質摂取を食事だけでとろうと思うとかなりの量が必要だ。

例えば鶏の胸肉300に含まれるタンパク質は約60グラムなのである。鶏の胸肉をこんなに食べても60グラム。つまり600~1kgは毎日食べないといけない計算になる。これはまともか?と聞かれればまともではないことは誰でもわかる。

ならばごく普通のサラリーマンが1日にどれえくらいタンパク質を摂っているかと考えると約50g程度。あまりにも少ない。つまり周りにタンパク質を意識して摂取できる環境がなかったり、同僚はいつもジャンクフードだったりして断れないような環境にいるときは最悪だ。

ならばここでプロテインを活用してみたらいい。プロテインは1杯あたり約20gのタンパク質が入っている。これらを1日に3回の飲むだけで90gのタンパク質が取れるのだ。その90gに食事内容を付け合せれば150は超えてくるであろう。

これはトレーニングしている人の話である。一般の人は何も飲む必要はないように思う。トレーニングで筋肉が破壊される習慣はないはずであるから必要ない。

プロテインは最近ではおいしい物が多く、手軽に飲める。おいしさも重要だが内容も大切だ。なるべく脂質の低いものを選び日常の中に取り入れてみてはいかがだろうか?

プロアスリートも愛用するHMBサプリ(チョコレートタイプ)

未分類の最近記事

  1. 上腕二頭筋(力こぶ)を解剖学的に作る

  2. デカイ肩をつくるトレーニングメニュー

  3. モテる男の腹筋の作り方

  4. モテる男の胸筋下部の作り方

  5. モテる男は広背筋で語る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP